学科の特徴

土木と建築を総合的に学び明日のまちづくりにアプローチ

土木建築工学とは、生活に欠かせない安全・快適な建築物・土木構造物を構築し、保全するための方法を探究する学問です。 土木建築工学科では、土木・建築工学に係る技術と知識、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力を有し、人間性豊かな総合判断力と…

社会のニーズに合わせた充実の2コースを設置

1年次に導入科目(建築概論、土木工学概論)や総合教養科目、工学基礎科目を全員が共通して学び、2年次からは希望する2 コースに分かれて学習。 「土木工学コース」では土木専門科目、「建築工学コース」では建築専門科目を中心に学びます。

卒業と同時に「二級建築士」の受験資格が得られます

「建築工学コース」では、卒業と同時に「二級建築士」の受験資格を得ることができます。また、卒業後に資格の早期取得ができるよう、資格試験対策講座も開講。その他の資格試験対策や公務員試験対策についても、随時行っています。充実のサポート体制で着実な…

イベント情報

第11回青森土木フォーラム「産業と土木 -物流-」開催予告 (2018.11.11)

以下の通り,第11回青森土木フォーラムを開催する予定です。未定の部分は決定次第随 […]

青森土木フォーラム第10回記念大会「これからの土木」開催報告 (2017.11.20)

以下の通り,第10回青森土木フォーラムを開催し,全体で約600名の参加を頂き無事 […]

イベント情報をすべて表示

トピックス

「火薬学」現場見学会を開催

平成26年9月12日(金)に、火薬学の授業の一環で八戸石灰鉱山で現場見学会を開催 […]

新聞記事で見る土木建築工学科

本学科 迫井先生と海洋機構(JAMSTEC)との共同研究が掲載されました.デーリ […]

新聞記事で見る土木建築工学科

十勝沖地震50周年シンポジウムで本学の滝田先生が講演されました.デーリー東北20 […]

トピックスをすべて表示