土木と建築を総合的に学び明日のまちづくりにアプローチ

土木建築工学とは、生活に欠かせない安全・快適な建築物・土木構造物を構築し、保全するための方法を探究する学問です。

土木建築工学科では、土木・建築工学に係る技術と知識、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力を有し、人間性豊かな総合判断力と応用展開能力、さらに生涯自己学習能力を身につけた建築士・技術者の養成をめざしています。