教育

教育の特徴

多様化する学生に対応するきめ細かい教育システム

土木建築工学科では、多様化する社会のニーズや学生の学力・興味に対応したきめ細かい教育システムを構築しています。学生の興味や関心に対応して建築工学コース・土木工学コースの2つのコースを設定しています。また、学生の意欲や学力に合わせて下の図のようなきめ細かい教育システムを実践しています。

 

学習・教育到達目標

学習・教育目的

近年、社会基盤と居住空間の整備、自然環境と調和した地域社会の発展、地域・文化・時代により変化する建設分野への要請および諸課題へ対応するため、土木・建築の双方の基礎領域を理解しうる技術者が必要となってきています。さらに、土木と建築の両分野がこれまでに専門分化し培ってきた概念や技術を融合し、都市・地域社会マネジメントの観点に基づく「安全で快適なまちづくり」を計画・実施していくため、分野間を超えて協調・協力していくことの重要性が指摘されています。
この社会的な要請にこたえるため、土木建築工学科(Civil Engineering and Architecture)では、必要な科学と土木・建築工学に係る技術と知識、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力を有し、人間性豊かな総合判断力と応用展開能力、および生涯自己学習能力を身につけた中堅建設技術者の養成を目的としています。

学習・教育到達目標

学習・教育目的を達成するために、次のような目標(A)ー(F)をもって教育を実施します。これらの目標は、土木建築工学科で育成しようとする技術者像を表しています。また、学習・教育到達目標に併記されている小項目(A-1)ー(F-2)は、技術者としての細分化された能力や素養を示すものです。

(A) 社会人としての良識と倫理観を備え、地域社会への関心をもつとともに、地球的視野を身に付けた技術者

(A-1) 総合教養的な知識や学力を修得し,技術者として歴史や風土・文化的な 視点から多面的に物事を考える素養を身につける【総合教養と多面的考察力】

(A-2) 技術者としての倫理観を備え,科学技術と自然環境・社会との関わりや 社会への貢献を意識して行動できる素養を身につける【技術者倫理】

 

(B) 専門分野の基盤となる基礎知識を持つとともに、これらを活用して社会の発展に貢献できる技術者

(B-1) 科学と工学基礎に関する知識や学力を修得し,実社会で活用できる能力を 身につける【科学技術の知識と応用能力】

(B-2) 情報技術に関する基本的な知識とスキルを修得し,実社会で活用できる能 力を身につける【情報技術のスキルと応用能力】

 

(C) コミュニケーション能力と国際人としての素養を身に付けた技術者

(C-1) 技術的・社会的に十分に通用する日本語コミュニケーション能力を身につける【日本語表現能力】

(C-2) 外国語によるコミュニケーション基礎能力を修得し,国際交流・協調に関 する素養を身につける【国際コミュニケーション基礎力】

 

(D)基本的な専門知識と応用・展開の素養を身につけた技術者

(D-1) 構造工学,測量学,計画学,材料,製図などの土木・建築工学共通の基本 的な知識と学力を修得する【土木・建築専門基礎科目の基礎学力】

(D-2)  水工学,地盤工学,コンクリート工学などの土木工学に関する基礎的な知 識と学力を修得し,中堅技術者として応用・展開できる能力を身につける【土木専門基幹科目の基礎学力と応用展開能力】

(D-3)  環境工学または土木計画・道路工学の基礎的な知識と学力を修得し,それ を応用・展開できる素養を身につける【土木専門関連科目の基礎学力と応用展開能力】

(D-4)  建築の設計・製図・計画,建築環境と建築設備,建築構造,施工など建築 に関する基礎的な知識と学力を修得し,応用・展開できる能力を身につける【建築専門科目の基礎学力】

(D-5)  建築に関する特定領域の高度な専門知識を修得し,応用・展開できる能力 を身につける【建築専門科目の応用展開力】

 

(E)  デザイン能力・チームワーク力を備え,自ら積極的に学んで行動し,実社 会において実務に対処しうる技術者

(E-1)  課題に対する計画,遂行,分析・評価,解決などの総合的なデザイン能力 を身につける【デザイン能力】

(E-2)  常に新しい技術に関心を持ち,実験・実習・演習などを通じて,自ら積極 的に学び・行動する能力を身につける【自主的・継続的学習能力と行動力】

(E-3)  専門知識や工学ツールを用いて与えられた条件の下で課題を解決しまと める能力を身につける【プロジェクトマネジメント力】

(E-4)  チームで仕事をする際に自分の役割や責任・仕事の目的を理解し,目的を 達成するために適切な行動ができる能力を身につける【チームワーク力】

 

(F)  北東北地域の土木・建築技術に関心を持つとともに,国際的視野も合わせ持 った技術者

(F-1) 北東北地域の自然・社会特性とこれに係わる土木・建築技術に関する知識 や素養を身につける【地域の土木・建築技術への関心】

(F-2) 国内外の土木・建築技術に関心をもち,技術的な課題を国際的な視点から も考える素養を身につける【国内外の土木・建築技術事情への関心】